寄附受付中

【和歌山県 上富田町】早春の熊野古道を駆け抜ける「紀州口熊野マラソン」の継続開催

現在の寄附金額
0
現在0% / 
目標金額: 10,000,000円

概要

プロジェクト概要

スポーツによるまちづくりを進めている上富田町では、和歌山県内で唯一フルマラソン部門をもつマラソン大会「紀州口熊野マラソン」を毎年開催しています。世界遺産に登録されている歴史街道・熊野古道を駆け抜けるコースは全国的にも注目を集め、2020年2月には25回目の大会が開催されました。しかし近年は出場ランナーの減少による運営費の不足や、ボランティアスタッフの高齢化など、大会開催に大きな課題が生まれています。

歴史ある「紀州口熊野マラソン」を今後も継続して開催していくために、企業版ふるさと納税を活用し、健全な大会運営を目指します。そして、全国から参加者を継続して呼び込める体制を強化し、観光事業者や宿泊施設との連携を通じて、地域の活性化や関係人口の増加を図ります。

基本情報

申請団体
(地域再生計画の記述内容)
和歌山県上富田町
計画名 上富田町まち・ひと・しごと創生推進計画
事業分野
関心分野
SDGs目標
認定回
※企業版ふるさと納税事業としての内閣府認定回
第55回  認定資料詳細を見る
事業費合計(千円) 30,000千円

抱える課題・原因

和歌山県で人口が増加しているのは上富田町を含めて3市町のみであり、当町の周辺地域は人口が減少しているため、今後より一層の過疎化や少子高齢化、生産年齢人口の減少が懸念されています。当町も2000年に年少人口と高齢人口比率の逆転が起きて以降、本格的な減少傾向の入り口に立っており、将来的に個々の自治体による施策だけでは十分な対応が難しくなるという課題を抱えています。

観光資源に乏しい当町は、スポーツによるまちづくりを推し進めています。町内の駅伝大会をきっかけに、県内外からランナーを呼び込むことを目指して始まった「紀州口熊野マラソン」は、ピーク時には約6,000人のランナーが全国から集まり、町全体が盛り上がりました。しかし近年、全国のマラソン大会の激増に伴って、当大会への参加者は4,500人ほどに留まり、利益の減少も深刻です。継続的な開催のためには、運営方法の改善が求められています。

取り組みの方針・解決策

企業版ふるさと納税を活用し、「紀州口熊野マラソン」の継続的な黒字運営を目指します。当大会では熊野古道の歴史と豊かな自然を感じられるコースが設定されており、なかでも日本陸上競技連盟公認のコースであるフルマラソン部門では、世界遺産の構成資産となっている中辺路(なかへち)を走ることができるので、ランナーにとって貴重な体験となることでしょう。マラソンをキーワードに熊野古道の魅力を全国へ積極的に発信することで、参加ランナーだけでなく、観光・宿泊者の増加にもつなげ、紀南・熊野地域全体を活性化させていきます。

困りごと・寄附企業に求めること

地域住民の高齢化に伴い、マラソン大会開催においては、ボランティアスタッフも減少傾向にあります。大会の安全な運営には1,000人程度のスタッフが必要ですが、大会初期から協力いただいた方々の引退もあり、人員の確保に大変苦労しています。

企業の皆様に大会運営スタッフとしてご参加いただけたら、これ以上心強いことはありません。たとえば、10カ所ある給水所の1つをご担当いただくなど、企業様の魅力やお力が十分に発揮できる形でご参画いただけたら大変ありがたいと考えています。

メッセージ

当プロジェクトページをご覧いただきありがとうございます。「紀州口熊野マラソン」は、フル・ハーフ部門とも日本陸上競技連盟の公認コースであり、和歌山県を代表する大会となっています。熊野古道の入り口「口熊野」が舞台であることも大きな魅力であり、全国的にも歴史のある大会となっています。そんな大会をこれからも継続して開催していけるように、皆様にはお力添えをいただきたく存じます。

和歌山県内で最大級のマラソン大会にご支援・ご協力いただくことは、企業の皆様にとっても大きな地域・社会貢献につながります。大会のネーミングライツや開催時の広告展開、運営スタッフとしてのご参画など、企業様のブランド向上のためのアイデアを積極的に提案させていただきますので、ぜひご支援いただけたら幸いです。

進捗報告

第25回紀州口熊野マラソンは、2020年2月2日に無事開催されました。しかし、2021年2月7日に開催を予定していた第26回紀州口熊野マラソンは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、残念ながら開催延期となっております(2020年9月)。今後は2021年度以降の開催に向けた準備と資金調達に取り組んでいきます。

自治体情報

和歌山県上富田町

和歌山県の南西部、熊野古道の街道の一つ「中辺路(なかへち)」の入口に位置するまち。中央部を富田川が流れ、黒潮の影響によって気候は温暖で、果樹栽培や野菜・米作りが盛んです。特に南高梅の梅干や温州みかんが特産品として有名なほか、ひょうたんは熊野詣での縁起物としてお土産に人気です。和歌山市まで鉄道で約1時間、南紀白浜空港から東京へは空路で約1時間の距離にあります。町内には、国道42号・311号が通っており交通にも恵まれています。

課題感

当町の総人口は1980年の11,835人から2020年1月末現在15,582人へと順調に増加してきています。しかし、2000年に年少人口と高齢人口比率の逆転が起きて以降、本格的な減少傾向の入り口に立っています。今後懸念される地域経済の縮小や医療・介護費の増大等に対応するためには、転出の多い若年層が定住するための施策や子育て支援等、今後も住みやすいまちづくりを進めていく必要があります。

施政方針

2020年4月に施行した「第2期 上富田町まち・ひと・しごと創生総合戦略」において、

①働く場のあるかみとんだ
②人が集まるかみとんだ
③子育てするならかみとんだ
④元気でいきいきかみとんだ
⑤みんなで支えるかみとんだ

の5つを基本目標に設定しました。
目標ごとに施策を推進することで、新たな人の流れを生み出し、町民が安心して暮らし、子どもを産み育てられる環境を、地域一丸となってつくっていきます。

自治体情報

人口 15,594人(2020年4月1日現在)
面積 57平方キロ
住所 西牟婁郡上富田町朝来763
URL http://www.town.kamitonda.lg.jp/
決算額(歳入) 6,538千円(2019年度)
決算額(歳出) 6,346千円(2019年度)

SDGs目標

「誰もが安心して暮らせるまち」の実現に向けて、SDGsの理念に基づいた総合戦略を2019年に策定しました。地域資源を有効活用し、町民主体の活動を積極的に推進することで地域の価値を高め、将来にわたって安心して暮らせるまちづくりに取り組みます。

実績データ

企業版寄附実績 千円
寄附受け入れ企業名

支援企業の声

支援企業はありません