寄附受付中

【京都市】世界遺産・二条城本格修理事業

現在の寄附金額
0
現在0% / 
目標金額: 1,000,000,000円

概要

プロジェクト概要

二条城は、徳川家の栄枯盛衰と日本の移り変わりを見守ってきました。二の丸御殿、唐門など約400年の時を経た今も絢爛たる桃山文化の遺構を見ることができ、1994年にはユネスコ世界遺産に登録された、日本が誇る後世へ残していくべき大切な城です。現在、徳川家康による築城以来400年ぶりの大工事となる本格修理を行っています。このプロジェクトには、総額100億円を超える巨額の資金が必要です。この資金確保のため「世界遺産・二条城一口城主募金」により、多くの皆様の支援を募っています。日本の歴史と文化を今に伝える宝である二条城をしっかりと保存し、次の世代に継承していきます。

基本情報

申請団体
(地域再生計画の記述内容)
京都府京都市
計画名 世界遺産・二条城本格修理事業
事業分野 防災・減災
関心分野 CSR、CSRのPR、社名の掲載
SDGs目標
認定回
※企業版ふるさと納税事業としての内閣府認定回
第55回  認定資料詳細を見る
事業費合計(千円) 10,000,000千円

抱える課題・原因

古いものでは400年以上経った建造物は、阪神大震災により生じた構造のゆがみのほか、屋根瓦の欠損、軸部の腐食など文化財としての価値を失いかねない損傷が進行しています。今後も文化財として安全に活用するために、耐震補強を施す必要があるほか、腐朽した木部や障壁画の修理が必要です。しかしながら当時の姿・素材を保ちながら屋根を支える構造や壁面等に補強材を入れるなど、高度な技術を用いた耐震補強などを行うため、100億円を超える巨額の費用と多くの時間(約20年)が掛かります。

取り組みの方針・解決策

京都はSDGs先進度調査においても1位の都市であり、持続可能な開発を先進的に進めております。その中で、この世界遺産である「二条城」の本格修理事業を通じて、歴史的・文化的価値の高い二条城を「保存」し、「理解促進、活用」することによって、京都の宝である二条城を磨き上げていきます。「保存」では、現在進行中の築城以来の本格修理事業を予定どおり完遂し、次の世代にしっかりと継承します。「利用促進、活用」では、「歴史や文化財をわかりやすく説明する機能の強化」や「ユニークベニューとして魅力的で多彩なメニューの構築」などを推進しています。

困りごと・寄附企業に求めること

「世界遺産・二条城一口城主募金」以外にも、本格修理の財源確保のため、ユニークベニューとしてMICEの誘致など文化財の利用促進と活用を推進していますが、コロナ禍により休城や入城者数も激減しているため、この状況が続けば、事業の継続が困難になる可能性もあります。多くの修学旅行生を受け入れ、質の高い学びの機会を提供する側面も持つ二条城、単なる文化財の保存だけではなく、様々な意義を持つ本格修理事業への御支援・御協力をよろしくお願いします。

メッセージ

かけがえのない京都の「二条城」を守り、後世に引き継いでいくためには、本格修理事業は欠かせないことです。保存と活用の新たなモデルを目指して、二条城は日々挑戦中です。
この寄付が、日本だけでなく世界の宝を守る活動につながります。皆さまからのご支援をお待ちしております。

進捗報告

多くの皆様の御支援により、2011年~2013年に唐門・築地、2014年~2016年に東大手門,2015年~2017年に番所の保存修理工事が完了しています。

自治体情報

京都府京都市

本市は、“全世界のひとびとが平和のうちに自由につどい、自由な文化交流を行う”「世界文化自由都市宣言」を都市の理想像として掲げる都市であり、世界に誇る歴史都市、芸術文化都市、宗教都市、精神文化の拠点都市、ものづくり都市、大学のまち・学生のまち、福祉・教育先進都市、多文化共生都市、環境先進都市、国際観光都市、特色ある農林業をはぐくんできたまちなど、世界でも類を見ない多様性と奥深さを有する都市です。

課題感

本市は大都市でありながら市域の4分の3を豊かな森林が占めています。自然との優れた調和が形成されている一方、過疎地域、限界集落、限界集落化しつつある地域も抱えています。また、京都の文化と景観は、日本の文化と景観の原点ですが、これらを保全・継承していくためには多額の費用が必要です。

施政方針

人口減少や東京一極集中の是正のほか、SDGsの達成やレジリエント・シティの推進など、持続可能なまちづくりを推進してまいります。

自治体情報

人口 未設定
面積 未設定
住所 京都府京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地
URL https://www.city.kyoto.lg.jp/
決算額(歳入) 未設定
決算額(歳出) 未設定

SDGs目標

「国連世界観光機関/ユネスコ 観光と文化をテーマとした国際会議」にて採択された「観光・文化京都宣言」
1.最先端の文化観光プロジェクトにおける革新的な政策とガバナンスモデルの実践
2.文化の伝播と相互理解による観光の質の向上
3.地域コミュニティの強化と責任ある観光の推進に向けた観光マネジメントの再構築
4.文化観光の持続可能な発展と共有価値のより良い理解に適した能力強化

実績データ

企業版寄附実績 0千円
寄附受け入れ企業名

支援企業の声

支援企業はありません